そういえば知らない!最近のお墓事情

お墓が重荷なら「墓じまい」という選択も

お墓が重荷なら「墓じまい」という選択もの写真

昔に比べ離れて暮らす家族が増えています。
それに伴って問題になっているのがお墓です。
お墓を管理できなくなってしまい、放置状態も増えています。
また、子供がいないなどの理由からお墓を継ぐ人がいなくなっている場合もあります。
お墓の事を考えると頭がいたい、と悩んでいるのであれば墓じまいという方法を選択する事もできるのです。
墓じまいとはなにか、と疑問に思った人も多いでしょう。
これはお墓を解体して撤去する事を意味しています。
例えばこれまでお墓があった場所は遠く、管理するのが難しかったという場合には、墓じまいした後に近くに移動させる事もできます。
お墓を持たなくても納骨堂を利用する、永代供養に変えるなど方法は様々です。
お墓を撤去というと、罰当たりなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、管理や供養ができず無縁墓にしてしまうよりは、近くで管理しやすいようにしたり、寺院や霊園に永代供養をお願いしたほうが良い場合もあるのです。
墓じまいには手続きが必要になります。
手続きに必要な書類として主なものは、改葬許可申請書・埋葬証明書・改葬許可証です。
お墓から遺骨を取り出したら、業者に依頼して解体し撤去してもらいましょう。
必ず更地にする必要があり、費用は数十万円から敷地が広い場合には100万円以上かかってしまう事もあります。
事前にいくつかの業者に見積もりを依頼して比較検討する事が大切です。
中には業者が指定されている場合もあるので、併せて確認が必要です。