そういえば知らない!最近のお墓事情

樹木葬や散骨も人気

樹木葬や散骨も人気の写真

お墓や埋葬の形も時代に合わせて変わってきています。
新しい葬送の形として近年注目されているのが自然葬と呼ばれる方法です。
これは遺骨をお墓や納骨堂などに収蔵せず、自然に還す方法です。
一般的なのが樹木葬や散骨でしょう。
まず樹木葬についてですが、これは墓石の代わりに樹木を利用するもので、墓地として決められた場所でのみ利用できます。
樹木をシンボルとしてその下に遺骨を埋める方法なので、自然の一部に戻れると人気になっています。
種類としては、公園型やガーデニング型、里山型などがあります。
里山型は山林などの都心部から離れた場所になるので、より自然に近くなります。
お墓を持たないため管理は霊園で行ってくれる、またお墓よりもコストを抑える事ができるなどメリットも多い埋葬方法です。
そしてもう1つ注目されている葬送方法が散骨です。
散骨とは、遺骨を粉砕して細かくしてから海や山などにまいて自然に還す方法です。
生前海や山が好きだったから、お墓を持ちたくない、故人が自然に還りたいと希望していた、など様々な理由から選ばれています。
散骨を行っている業者はとても多く、国内だけでなく海外での散骨をサポートしている業者もあります。
散骨はどこにでもまいていいという訳ではなく、マナーや節度をもって行う事が必要です。
中には散骨を快く思っていない方もいるかもしれないので、事前に確認してから行いましょう。
自分で行うのではなく、専門業者に依頼するのが安心です。